ブログは在宅副業に最適!「開設の流れ基本⑧ステップ」【2020年9月最新版】

ブログ

「副業ブログで稼ぎたい!」

そう考える方にはまず「趣味」でブログを始めることをおすすめします。

「好きなこと」「興味あること」をブログで発信すれば、いずれ「稼ぐ」方法も見えてくるはずです。

ここでは「副業ブログ」の具体的な開設方法を、アラフィフでブログを始めた僕、元スポーツ紙記者の中里圭(@keinakazato7777)が解説します。

次の8ステップを踏むことで、あなたのブログサイトを作ることができます。

①独自ドメインを取る

②レンタルサーバーを借りる

③ドメインとサーバーをひもづけ

④ワードプレス(WP)をサーバーにインストール

⑤WPのテーマを決める

⑥何を書く?走りながら考えましょう

⑦ASPに登録

⑧SNS発信を始めましょう

※注目!初月から運営経費を稼ぐ裏技があります。ステップ⑦で解説します!

 

2020年9月追加情報

2020年9月4日から11月5日まで、エックスサーバー (国内シェアNo.1)では「ドメイン永久無料&ご利用料金20%オフキャンペーン」を実施中です。

この期間にサーバー契約を結ぶと

独自ドメイン永久無料&12ヵ月以上の契約で通常月額料金が20%オフ

となります。

独自ドメインはサーバー契約が続く限りずっと無料。

また、X10プランならば、月額800円(税別)で利用できます(12か月以上の契約が条件ですが、ブログは最低1年は続ける覚悟が必要です)。

36ヵ月契約ならば月額720円(税別)。

ブログを始めようと考えている方はこのチャンスをお見逃しなく。

 

エックスサーバー は2020年4月から「WordPressクイックスタート」の提供を始めました。

「WordPressクイックスタート」を利用することで、サーバーの申し込みと同時に独自ドメインの取得ができます。

※WordPressとは、ブログを書くのに必須な無料ソフトです。

さらに、取得した独自ドメインに対して、独自SSL(インターネット通信暗号化・必須です)の設定、ワードプレスの自動インストールができます。

以下のステップ①~④をまとめて設定できるのは大きいです。

申し込みの際には「クイックスタートで一括申し込み」を選択するのをお忘れなく。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

 

それでは、完全在宅でできる「副業ブログ開設」の手順を学んでいきましょう。

①独自ドメインの取得

独自ドメインとは、いわゆる「アドレス」といわれるものです。いわば「インターネット上の住所」ですね。

当サイトでいえば「salaryman-plus.com」がそれにあたります。

「.com」 「.jp」 「.net」など種類はたくさんありますが、「.com」が手軽に取れて無難です。

日本語ドメインもありますが、ネットの世界は基本的に「英語」の世界なのであまり使っているサイトはありません。

ドメイン取得代行サービス

ドメインは取得を代行してくれるサービスで取ることになります。

もっとも有名なのは「お名前.com」です。

もうひとつは第②ステップの「レンタルサーバーで同時にドメインを取る」方法もあります。僕はこちらで取得しました。

こちらは第③ステップの「 ドメインとサーバーのひもづけ 」がより簡単にできるメリットがあります。

面倒なドメイン設定が必要ないのはうれしいですね。

かかる費用は使用する「文字列」で変わってきます。「salaryman-plus.com」は年間で1000円ほどだったと思います。

人気のあるドメイン名は金額が高かったり、すでに取られています。良いドメインは「早いもの勝ち」です。

ブログの内容に合ったドメインが望ましいですが、内容と関係ないドメインでやっている有名ブロガーの方もいます。

大切なのは「そこに読者の求める情報があるか」ですね。

 

②レンタルサーバーを借りる

サーバーはインターネット上の「土地」です。

ブログサイトという「家」を建てるために欠かせません。

これに関してはエックスサーバー 一択です。

トップブロガーであり、ビジネス系ユーチューバーの「マナブさん」もおすすめしています。

実績もあり、信頼性は心配ありません。

もちろん僕もエックスサーバーを使っています。

プランはいくつかありますが、「X10プラン」が良いでしょう。

容量、バックアップ体制も十分です。

まずは初期費用✛3か月契約でお試し

エックスサーバー契約には初期費用3000円がかかります。

そしてとりあえず3か月契約で 1200円 × 3 = 3600円

あわせて 6600円 + 消費税 = 7260円

※エックスサーバーでは随時、お得なキャンペーンを実施しています。記事冒頭の最新情報をチェック!

また、クレジット決済を選べば、一ヵ月ごとの更新が可能になり、月々1000円(税別)で利用することができます。

※カードでの支払いを設定した場合、初回契約は3か月からとなり、以降の支払いにおいて、「自動更新」を設定することで、1か月ごとの決済となります。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

年会費永年無料の楽天カード

③ドメインとサーバーをひもづけ

エックスサーバーでドメインを同時取得する場合は、サーバー契約後にアカウントにログインして「キャンペーンドメイン」から取得とひもづけが簡単にできます。

お名前.com等、別のサービスで取得した場合は元のドメイン管理事業者側でネームサーバーの変更が必要となります。

インターネットに詳しくない方は、エックスサーバーで同時取得した方が無難ですね。

④ワードプレス(WP)をサーバーにインストール

ワードプレスとは、だれでも簡単にブログを書ける無料のソフトです。

本来、ネット上に記事を書くためにはHTML、CSSといったプログラム言語の知識が必要です。

しかし、WPを使うことによって、文字の大きさ、デザインなどの変更を簡単に行うことができます。ブログを書くほぼすべての人が使っている、ブロガーには必須のソフトなのです。

エックスサーバーには、サーバー管理画面に「 WordPress簡単インストール」という項目が備わっています。迷うことはないでしょう。

⑤WPのテーマを決める

ここでいう「テーマ」とは、ブログの内容ではありません。

ブログのレイアウト、見た目の型(フォーマット)のことです。

無料、有料さまざまなテーマがあります。「この人のブログ見やすいな」と感じたら、どんなテーマを使っているか調べてみるといいかもしれません。

有料テーマはお金がかかる分、レイアウトの多彩さ、使いやすさがあるようです。ググってみれば、いろんなテーマが出てくるでしょう。

はじめは無料テーマから

僕は「スティンガー8」という無料テーマを使っています。デザインのシンプルさが気に入ったのと、スティンガーはSEO(検索で上位表示させるための機能)が強いといわれていたからです。

ほかのテーマを使ったことはありませんが、何とかブログを運営しています。

しかし現在、スティンガー8はリリースされていません。

有名な無料テーマとしては「Cocoon(コクーン)」 「LION MEDIA(ライオンメディア)」などがあります。自分なりに調べて、お気に入りを見つけると良いでしょう。

なお、あとからテーマを変更することも可能です。その際にはデザインが崩れないかなど、十分確認をしてから変更しましょう。

追記 現在はテーマ「 Cocoon(コクーン) 」を使っています。Cocoonのほうが扱いやすく初心者にはおすすめです!

Cocoon公式サイトはこちら

⑥ブログで何を書く?走りながら考えましょう

さあ、いよいよ大詰めです。ブログのタイトル方向性を決めましょう。

ブログはおおまかに

  • 雑記ブログ
  • 特化ブログ

このふたつに分けられます。

前者は文字どおりジャンルにとらわれず、日々感じたことなどをつづっていくもの、特化ブログは特定の分野に関する情報を発信します。

最近の傾向としては、雑記ブログはやや厳しいという見方が一般的です。もちろん、多くのファンがついているいる雑記ブログもあります。

稼ぎたければ「特化ブログ」

しかし、アフィリエイト記事(読者が広告をクリックして成約することで収入が発生)で収入を得たい、初心者であればなおさら、特化ブログの方がおすすめです。

あなたの「強み」「好きなこと」「興味あること」を考えてみましょう。

そしてなにより「需要」があるか。ここが大切なポイントです。

ブログの方向性は「書きながら」調整

とはいえ、この段階で迷っているとなかなか一歩が踏み出せません。

大丈夫です。最初はだれもあなたのブログを読みません。

内容がブレたとしても誰も気にしません。走りながら少しづつ改善、ブログの方向性を決めていけばいいのです。

⑦ASPに登録しよう

ASPとは 「アフィリエイトサービスプロバイダー」の略称です。

アフィリエイトとは 「インターネットを使った広告宣伝のひとつ」であり、「閲覧者が広告から商品やサービスを購入することで、サイト運営者に成功報酬」が与えられます。

広告主とサイト運営者(あなた)の橋渡しをするのがASPなのです。

ブログで収入を得るためにはASPへの登録は必須です。もちろん、登録は無料です。

ASPには広告主である企業などからの案件が多数用意されています。

主なASPとしては

などがあります。

楽天市場の商品広告を載せられる「楽天アフィリエイト」もあります。

まずはこのあたりに登録しておけば良いでしょう。

Amazonの広告は「もしもアフィリエイト」で

そして気になる「Amazon」の広告です。めちゃくちゃ強力なeコマース企業ですから、ぜひ広告を載せたいところです。

しかし残念ながら、Amazonの提携審査はとても厳しいです。開設したばかりのサイトはまず審査に落ちます・・・

でも安心してください。ASPの「もしもアフィリエイト」を通してならば、審査にとても受かりやすくなります

僕もまだ4記事しかない時点でAmazonに直接、審査を依頼してみごと落ちました。

しかしその後、「もしも」から再度申し込んだところ、Amazonの広告を載せられるようになりました。

もちろん、まだ記事のない状態で申し込んでもダメです。

はっきりは言えませんが、Amazonの広告を掲載したければ、少なくとも5記事以上は公開してから申し込みましょう。

「もしも」自体の登録は、もっと記事数が少なくてもOKです。

もしもアフィリエイト無料登録はこちら

もうひとつの広告「Googleアドセンス」

さきほど紹介したASPを介して掲載する広告は「成果報酬型」の広告です。

広告から商品、サービスが売れて初めてあなたの収益となります。

もうひとつ、ブログで収益を上げる方法として「クリック報酬型」の広告があります。

一般的に「アドセンス」と呼ばれていますが、これは「Googleアドセンス」を指しています。

アドセンスは商品が売れなくても、読者が広告を「クリック」することで報酬が発生。

一見、簡単に思えますが、その単価は平均20円~30円ほどです。

アドセンスで1ヵ月1万円以上を稼ぐには、単純計算で500回はクリックされる必要があります。

もちろん、読者がみんな広告をクリックするわけではありません。

少なくとも、月間50,000ページビューは欲しいところです。

アドセンスはブログが育ってから

アドセンスをブログに掲載するには、審査に通らなければなりません。

その審査も、以前に比べて難易度が上がっているようです。

このことも踏まえて、ブログ初心者にはアドセンスはおすすめしません。

「審査に受からない・・・」と消耗するよりも、ASPで自分が紹介しやすい商品を探して記事を書くことをおすすめします。

読者のなかには「このブログ、広告うざいな・・・」

そう感じる人もいるでしょう。

アドセンスで稼ぐのは、読者の信頼を得て「ブログが育ってから」でOKです。

ブログではじめから稼ぐ「裏技」とは?

先述したように、ブログ開設には少なくとも「独自ドメイン取得」「レンタルサーバー契約」にお金がかかります。

この負担をどのように感じるかは人それぞれだと思いますが、収支をチャラにできたらうれしいですよね?

それは「あなた自身がASPを通して商品、サービスを購入」「その成果報酬をあなたが受け取る」ことで可能となります。

購入といっても、必ずしもお金を払う必要はありません。

  • 例① 年会費無料のクレジットカードを作ります。これによって数千円の報酬を受け取ることができます。2枚作れば、1万円近くなることもあります。
  • 例② 動画配信サービスの1ヵ月無料体験に申し込む

この方法は各ASPが認めており、「セルフバック」「キャッシュバック」「自己アフィリ」などと呼ばれています。

ここで重要なのは、どの広告案件でもこの方法が使えるわけではありません。

各ASPが「セルフバック可能」(ASPにより呼び方は異なる)などと指定したものに限ります。

それを理解してうまく使えば「サーバー代金1年分」を浮かせることも可能というわけです。

⑧SNS発信をはじめよう!

お疲れさまです。ここまでのステップを踏めば、待望の「あなたのオリジナルブログ」ができ上がります。

楽しんで記事を更新していきましょう!

個人差はありますが、初めの数か月はほとんど検索上位に上がることはなく、まず読まれないという覚悟が必要です。

しかし、それではあまりにもモチベーションが続きません。そこでぜひやりたいのがツイッターなどによる「SNS発信」です。

ツイッターアカウントを持っていない人は、まず作りましょう。

そして「#(ハッシュタグ)」のあとに記事に関連するキーワードをつけてツイートしましょう。記事のアドレスも忘れずに。

興味を抱いた人が見に来てくれる可能性が高まりますよ。

運よくインフルエンサーにリツイートされたりすると、アクセスがグッと増えます。

また、SNSで話題になると、Googleからのブログの評価にも良い影響を与えます。

「Googleの検索に頼るだけでは厳しい。SNSを活用すべき」

これが現在の流れです。

「定期更新」が大切

ネット上では「ブログは毎日更新すべき!」という意見が多くみられます。

もちろん、毎日記事を投稿することで早く実力がつき、成果が早く上がるかもしれません。

しかし全員がそのような環境を作れるとは限りません。

副業であればなおさらです。

これは僕の考えですが、何より大切なのは間隔を問わず「定期的に更新」することだと思います。

そしてそれをブログ内、ツイッターであらかじめ「宣言」しておけば、きっと読者は待ってくれるに違いありません。

「100記事書け」に惑わされるな!

ブログを書こうと決意して情報収集を始めると、初心者が目にするであろう「ブログは毎日更新、100記事書け」という言葉。

この手法は数年前のものです。

Googleの検索アルゴリズム(検索順位決定の判断材料)が日々、進化を遂げている現在、求められているのは記事の「量」ではなく「質」です。

実際、当ブログの記事数は36ほどですが、下の写真のとおり、複数のキーワードで検索順位10位以内に入っています(2020年10月現在)。

当ブログの記事の質が高いとは決して言いません。

まだまだだと思っています。

しかし自分なりに記事の質を上げていくことが、読者とGoogleに認められる近道です。

ブログは楽しい!!

ここまで読んでいただいた方、お疲れさまです!

もう一度「ブログ開設の⑧ステップ」をおさらいしましょう。

独自ドメインを取る

レンタルサーバーを借りる

ドメインとサーバーをひもづけ

ワードプレス(WP)をサーバーにインストール

WPのテーマを決める

何を書く?走りながら考えましょう

ASPに登録

SNS発信を始めましょう

あとは「行動」あるのみです。行動すれば「問題」が次々と出てくるでしょう。

でも「答え」はネット上にきっとあります。

つねに「ググるくせ」を身につければ、前に進んでいけるでしょう!

改善、継続あるのみです。

この記事を読んでブログを始める方がひとりでもいれば、とてもうれしく思います。

セールスライティングを学びましょう!

最後に、僕が読んでとても役に立った書籍を紹介します。

セールスライティングの神、ジョセフ・シュガーマンの「10倍売る人の文章術」です。

ブログで説得力のある、成約につなげる文章を書くには、セールスライティングのスキルが不可欠です。

本書には「滑り台効果」など、売るための文章テクニックが具体的に細かく記されています。

下記の記事にまとめていますので、ぜひこちらも読んでみてください。

関連記事:怠け者がリッチになる方法。ジョセフ・シュガーマン著「10倍売る人の文章術」【会社員の副業】

関連記事:セールスライティングの本おすすめ5選【元スポーツ紙記者が厳選】

コメント

タイトルとURLをコピーしました