ジョー・カルボ「The Lazy Man’s Way to Riches」

在宅副業

怠け者がリッチになる方法

※ジョセフ・シュガーマン「10倍売る人の文章術」より抜粋

ほとんどの人は日々の暮らしに精一杯で、お金儲けの余裕などありません。

私はよく働いたものです。一日十八時間。休日はなし。

でも大儲けするようになったのは、働く時間を減らしてからです。

それも大幅に。

たとえば、この宣伝文を書くのに約二時間かかりました。

運がよければ私は、それで五万ドル、いや十万ドル稼げるはずです。

さらにいえば、私は元手がたった五十セントのものを十ドルで買ってくださいとお願いするつもりです。

しかも、なかなか抵抗できない方法で。

あなたは愚かにも抵抗できずに終わるでしょう。

どのみち、私が九・五ドルの利益を得たところで、もっと稼げる情報を知ることができれば、あなたは気にもされないでしょう。

私がお教えする「怠け者のやり方」が儲かることは請け合いなので、世界に例を見ない保証をご提供したいと思いますが、いかがでしょう?

つまりこういうことです。

私は教材をお送りしてから三十一日間、いただいた小切手や為替を現金に換えません。

その間にたっぷりと吟味し、試していただけるというわけです。

あなたの投資額の最低でも百倍の価値があると思えないときは、ご返品ください。

現金化していない小切手または為替をご返却いたします。

教材お届け後のご請求、代金引き換えという方法をとらないのは、どちらも時間とお金がもっとかかるから。

ただそれだけの理由です。

私はすでに、あなたの人生で最大のお買い得品をご用意しようとしています。

十一年かけて身につけたノウハウをご伝授しようというのです。

つまり「怠け者のやり方」でいかに儲けるかというノウハウを。

ここで少し自慢話をしなければなりません。

いや、そうさせてください。

ご満足いただくまで私が「お預かりする」十ドル。

その十ドルをご送付いただくことがどれだけ賢い選択であるかを証明するには、多少の自慢話が必要なのです。

私は十万ドル相当の家に住んでいます。

それが可能なのは、十万ドルも払えないと私がオファーを蹴ったからです。

ローンの額はその半分もありません。

完済していないのは、税理士が全部払うなんてばかばかしいと言うからにすぎません。

自宅から二・五キロほど離れた私の「オフィス」はビーチに面しています。

息をのむほど素晴らしい眺めなので、仕事に手がつかないんじゃないかと人々は言います。

でも、仕事は十分にしています。

一日に約六時間、年に八~九か月。

それ以外の時間は「山小屋」で過ごします。三万ドルしました。

支払いはキャッシュです。

ボートが二隻にキャデラックが一台あります。

いずれも支払いは済んでいます。

株や債券に投資し、銀行には現金があります。

しかし、何よりも大切なものはお金で買えません。

それは家族と過ごす時間です。

では、どうやって私がそれを実現したのか、つまり「怠け者のやり方」をこれからお教えしましょう。

まだ数名の友人にしか話していない秘密を。

それは「教育」を必要としません。

私は高卒です。

それは「資本」を必要としません。

最初のころ、私は借金で首が回らず、友人の弁護士など破産宣告するしかないとアドバイスしてくれたほどです。

彼は間違っていました。

私は借金を返済し、住宅ローン以外は一銭の債務も負っていません。

それは「運」を必要としません。

私はふつう以上の儲けを得ましたが、あなたが私と同じだけ儲けると保証するものではありません。

むしろ、あなたはもっと稼がれるかもしれません。

私が知るある人は、このやり方で一生懸命努力し、八年で千百万ドルを稼ぎ出しました。

でも、お金がすべてではありません。

それは「才能」を必要としません。

何を探すべきかを知る力さえあれば十分です。

それをお教えしようというのです。

それは「若さ」を必要としません。

私がごいっしょした女性は七十歳を超えています。

彼女はただ私の教えに従い、必要なお金をすべて捻出しながら、世界中を旅行されています。

それは「経験」を必要としません。

シカゴのある寡婦の方はこの五年間、私のやりかたに倣って、年平均二万五千ドルを稼いでいます。

それが必要とするのは何か?

信じることです。

チャンスをものにするだけの信頼。

私がお教えする内容を吸収するだけの信頼。

その原理原則を行動に移すだけの信頼。

ただそれだけでーーーそれ以上でもそれ以下でもありませんーーー信じられない結果が得られます。

保証いたします。

仕事を辞める必要はありません。

ただ、すぐに大儲けできるので、やめてもよくなるでしょう。

繰り返しますが、保証いたします。

ある人が語った卓見を私は忘れもしません。

「ほとんどの人は日々の暮らしに精一杯で、お金儲けの余裕などない」

彼が正しいとわかるまでに、どうか私ほどの時間をかけないでください。

いますぐクーポンをお送りくだされば、ここに述べたことを証明いたします。

この私を信じろとは申しません。

とにかくお試しください。

私が間違っていたら、あなたが失うのは数分の時間と八セントの切手代。

しかし、私がもし正しければ?

「私は本広告を点検しました。

ジョー・カルボ氏と十八年にわたる交友があり、かつ同氏の会計士を務める立場から、私はすべての記述が真実であることを証します」(ご要望があれば会計士の名前も明らかにします)

ジョー、あなたが言っているのはでたらめかもしれないけど、私が失うものなど、たかが知れたもの。

『怠け者がリッチになる方法』を申し込みます。

ただし、送付後三十一日間は小切手や為替を換金しないでください。

理由はどうあれ、その期間内にあなたの教材を返品した場合は、現金化されていない小切手や為替をご返却ください。

以上を条件に十ドルを送ります。

関連記事「10倍売る人の文章術」内容・レビュー。怠け者がリッチになる方法とは?【会社員の在宅副業】

コメント

タイトルとURLをコピーしました